MENU

東京のソープランド情報

東京の風俗は、遊郭の跡地・宿場町の飯盛り旅籠・門前町の岡場所などが起源になります。戦後に赤線・青線地帯となり、売春防止法制定によって、ソープ営業許可地や風俗街へと変化していきました。

 

東京といえば、日本一の規模を誇る「吉原(よしわら)ソープ街」がオススメとしてまずあります。池袋と新宿を合わせると、ソープ全体の90%以上を占めるのです。

 

吉原遊郭の伝統を受け継ぐ東京のソープ街

吉原には、約150軒のソープラドがあるといわれています。一番近い駅は、東京メトロ日比谷線の三ノ輪駅と入谷駅です。つくばエクスプレスの浅草駅からなら、歩いて10少々で到着します。浅草の鷲神社裏手に吉原神社があり、その奥へ行くと日本一のソープ街「吉原」が広がっています。

 

派手なイメージを描くと思いますが、ソープは立替や改装禁止のため建物が古いです。3階建てビルがメインで、玄関はゴージャス!プレイルームへ向かう階段は狭くて角度が急になっています。

 

遊びたいソープが決まっているなら、無料送迎車を利用しましょう。タクシーやバスで行くならば、吉原大門のバス停で下車し、散策しながら店を選ぶこともできます。

 

東京上野には吉原ソープには全国屈指の泡姫が集まる

吉原ソープのブランドは、東京屈指の風俗街として、日本全国に知れわたっています。地方都市のランキング嬢が、頂点を極める場所といえるのです。といっても格安店なら25,000円以下の店もあるし、大衆店は25,000円から40,000円前後になっています。高級店が60,000円以上で、最高級店という呼称はありませんが、80,000円から10万円コースもありました。

 

吉原を知らずしてソープを語ることなかれ!オススメの店や人気店の情報を収集しながら、予算にあったの店を選びましょう。

 

日本一の歓楽街歌舞伎町のソープ

東京都のもう一つの有名なソープ街である歌舞伎町のソープランドは、仲見世通りと北側に5軒あります。

 

新宿2丁目のソープは、新宿5丁目東交差点の交番裏手に3軒あります。2丁目だからといって、ゲイやニューハーフ専用ではありません。

 

歌舞伎町はソープ街という規模ではなく、店が集中してるわけでもありません。西武新駅東口の近くと旧青梅街道沿いに2軒ポツリとあり、仲見世通りに3軒あります。新宿二丁目のソープは、靖国通りを進み御苑通りと交差する信号角に2軒並んでいました。

 

東京都新宿歌舞伎町ソープランドの特長

新宿ソープの特長は、歌舞伎町で一杯やったついでに歩いていけることです。一発抜いた帰りにもう一杯やることもあります。新宿のソープは、入浴料を受付けで支払い、サービス料は泡姫に直接支払うシステムです。総額がわからない時は、店に電話して確認しましょう。

 

都内だけでなく全国の芸能人やスポーツ選手に人気のソープもあるし、バニーコスプレで顔見せしてくれる店もあるのです。タイムサービスを利用すると、60分総額13,000円の格安店もありました。新宿から吉原まで片道1時間ぐらいかかるので、歌舞伎町から徒歩圏内のソープがオススメです。

 

東京のサラリーマンご用達といえば池袋ソープ

仕事帰りのサラリーマンや中年男性の遊び場といえば、マニアックな店が多い池袋ではないでしょうか?池袋駅周辺の風俗店が集中してるし、人の流れも多いので入りやすい特長があります。池袋のソープは、駅西口に14軒、東口には2軒あります。

 

西口をでて北に向かうと、西一番街です。さらに先へ進んだ「トキワ通り」周辺にソープが密集しています。トキワ通りは風俗街と歓楽街が入りまじり、風俗店を上手にカモフラージュしているのです。トキワ通りの突き当たり「池袋大橋西」の先にラブホテル街があり、ソープも3軒ありました。東口には、明治通りの北に2軒営業しています。

 

池袋には総額60分15,000円のチェーン店もあるし、風俗誌で特集を組むような人気店もあるのです。

 

ソープの軒数は少ないですが、東京の風俗管理人アラレが足で集めた情報をお伝えしましょう。渋谷(1軒) 五反田(1軒) 金町(1軒) 亀有(2軒) 御徒町(2軒) 駒込(1軒) 巣鴨(1軒) 大塚(1軒) 吉祥寺(1軒) 府中(1軒) 八王子(2軒) 大井町(1軒)でーす。

 

東京の風俗情報

 

東京23区と首都近郊を含めれば、日本最大の性都といっても過言ではありません。街道筋に宿場町ができ飯盛り女が集まれば、色町や遊郭へと進化するのです。東京の風俗街も他県と同じように、遊郭の遊女・宿場町の女郎・門前町の岡場所跡地に名残があります。

 

1964年の開催された東京オリンピックにより、日本の恥部を取り除く目的で風俗の規制が強化されました。1959年に「風俗営業取締法」が「風俗営業等取締法」に改定され、東京の都条例が施行されたのです。2020年に東京オリンピック開催が決定しました。風俗業界はどうなってしまうのでしょうか?

 

などと心配しても始まりません。遊べるうちに遊べばよいのです。ということで、東京の風俗情報をお伝えしましょう。

 

東京のソープランド

東京のソープランドといえば、花のお江戸の吉原遊郭跡地にある「吉原ソープ街」が有名です。どちらに寝ても「北まくら」にならないよう縁起をかつぎ、千束4丁目の町を横ぎる仲之町通りから、垂直に伸びる江戸町1・2丁目、揚屋町、角町、京町1・2丁目二集中しています。

 

格安店・大衆店・高級店・最高級店が約150軒、予算の目安は、格安店は25,000円以下、大衆店なら25,000円~40,000円、高級店となれば60,000円以上を参考にしてください。最高級店のVIPコースで、120分100,000円という店もありました。

 

東京のおっぱいパブ

東京のおっぱいパブは、新宿歌舞伎町・池袋・上野・六本木・秋葉原などの歓楽街が人気スポットです。おっぱいパブというジャンル分け以外に、セクキャバ・ニューキャバ・いちゃキャバという呼び方もあります。キャバレー許可の営業申請だから新規開店も多いですが、新宿の悪質キャバクラ摘発でイメージが悪くなっています。

 

東京の風俗管理人アラレが学生の時、飲み放題30分3,000円ポッキリといわれて飲んだら、請求金額30,000円でオシッコちびりました。警察は民事介入してくれませーん。呼び込み誘われるのではなく、お客さんの出入りが多い店、出てきたお客さんがニコニコしている店を選ぶようにしています。

 

東京のピンサロ

東京のピンサロといえば、小岩・新小岩・錦糸町・五反田・品川・荻窪・中野・大塚・池袋エリアがあります。意外と知られていないのが「おばあちゃんの原宿」といわれる巣鴨地蔵通り商店街です。駅北口と南口周辺に、都内有数のピンサロ街がありました。コンパニオンはおばあさんだろう?なんてことはありませーん。

 

他にも、ピンサロだけではなく本サロOKのエリアもあります。問題は、ホームページが少ないことです。

 

東京のヘルス

東京でヘルスの多いエリアは、新橋・池袋・錦糸町・新宿歌舞伎町・小岩・上野・渋谷などに分散しています。新宿歌舞伎町と池袋、そして渋谷に密集していると思いましょう。

 

東京ではファッションヘルスと呼ばれていますが、プレイ内容は業態により違いもあります。マッサージだけの店、ハンドサービスオンリーの店、タクシーメーターみたいに料金が上がる店もあるのです。

 

初心者には、大手ヘルスブランドがオススメかも知れません。個人的に好きな、マットヘルス・イメクラヘルス・コスプレヘルスもありました。

 

東京のデリヘル

東京では、店舗型風俗店の取り締まりがキビシクなっています。一方では、派遣型風俗店のデリヘルが勢力を拡大しているのです。デリヘルの派遣エリアは都内23区に対応している店が多く、交通費を支払えば都内全域のホテルや自宅に派遣してくれます。

 

派遣交通費を節約したいならば、遊びたいエリア発のデリヘルを探しましょう。池袋なら「東京 デリヘル 池袋」、渋谷なら「東京 デリヘル 渋谷」、品川なら「東京 デリヘル 品川 」で検索できますよ。

 

東京の風俗を上手に使い分けるには、遊びたいエリアを絞り込み通うことです。ソープ街の裏路地に粋な料理屋があったり、デリヘルのラブホ街でキャッチガールを発見したこともあります。風俗は、自分の目と耳とオチンコをフル活用しましょう。